カードローンの利用限度額

カードローンの利用限度額

カードローンを契約するは時には必ず利用限度額が設定されます。
あまり収入の多くない人に多く貸しても返ってくる保証が無いように申込者の信用情報をもとに限度額
は設定され、初回契約時の限度額は50万円までがほとんどです。

過去の利用状況に問題点がなければ、業者のほうから直接増枠について提案をしてくれることがあります。

そもそもこの限度額も無制限ではなく、2010年に施行された総量規制という制度に左右されてきます。
この制度は借主の年収の1/3を超える金額を貸してはいけないことになっており無条件に限度なし
貸し付けを行わせないための制度です。

例えば年収450万円の人であるならばその人は150万円までしかお金を借りられないということです。
このように年収によって限度額が人により異なってきます。もちろんだからといって初回からこの総量規制
いっぱいの限度額が借りられるわけではなくはやりある程度信用を得てからとなります。

会社によって基準は異なりますが限度額を増やすには、一定期間以上の利用で額も小幅ずつ増えて行く
ものです。また増枠も借り入れるほうから申込まないと対応してくれない会社もありますので希望する人は
契約時に確認をしてみたほうが良いでしょう。

限度額が低く希望額に達していないからといって複数の会社に手当たり次第借りるのではなく、
必要であれば借りるというぐらいに余裕を持っておかないと信用自体を失うことになり、増枠も
できなくなるので気をつけましょう。

モビット 審査

 

サイトマップ

アンチエイジングに効果的なコスメ