カードローンとリボ払い

カードローンとリボ払い

お金の借り方にはいろいろ種類があり選べる点では良く知った上で利用するのであれば便利なものなの
ですが、違いを良く知らないで利用していると思わないところで失敗をして大変危険なものともなります。

ここでは特に知っておかないと後でとんでもない返済請求額になってしまうリボ払いについて見ていきましょう。
まずリボ払いとは、他のお金を借りる方法と同じで月々に決まった金額を返済していきます。金利も基本的には
他とはたいして変わりません。一番の大きな違いは借りたお金を翌月に一回で返すのに対して、
リボ払いは借りた金額を分割して返すことができると言う点です。

10万円借りても月々の返済額を1万や2万円と無理なく返すことができます。
しかし、ここで注意しなくてはならないことがあります。知ってのとおりお金を借りるには金利が掛かります。

そしてこのリボ払いは返済開始時期と金利が掛かる開始時期がずれることがあるのです。例えば5万円のものを
購入したときにこのリボ払いを使ったとします。翌月から1万円を返済していくこととします。返し始めてから
3カ月でまた5万円のものをリボ払いで購入します。すると返済額は合計で7万円となります。

ところがリボ払いも借金ですのでやはり毎月金利は掛かっていきます。そうするとじつは後半で借りた5万円は
最初に借りた5万円の返済が終わってから返済開始になるのに対して、金利は借金の額に対して掛かるので、
返済が始まらないのに金利だけが掛かるということになるのです。

このようにカードローンなど翌月一括返済に比べ毎月の返済額は少なくできても結局金利によって返済合計
金額は大きく異なります。

モビット 審査

 

サイトマップ

アンチエイジングに効果的なコスメ